こんにちはmomochyですはーと
大学生にもなると平日はほとんど帰りが遅く
なかなか自由な時間も取れないので
やらなきゃな事を土日に一気にやろうと思ってたのですが、
なんと金曜日に風邪を引いてしまいまして…´`
金曜日は7時過ぎに家に帰ってそのままご飯も食べず寝てしまい、
ひたすら寝ていて今日は午後3時頃から活動開始しました。
おかげさまで頭が痛いのと喉が痛いのは治ってきましたが
やりたい事沢山あったのに
土曜日も日曜日もあっという間に終わってしまって残念ですーっなみだ

* * *

そして本日は『ONE PIECE展 』のお話です!
先週12日の火曜日に行って参りましたきらきら

ONE PIECE展の内容とできごとと私の感想と
そして少しの豆知識を交えたお話になりますが
とてつもなく長くなってしまったので、
それぞれの話題にタイトルを付けました汗
気になるのだけでも読んで頂ければ嬉しいです><

*わたしとONE PIECEのおはなし
*ONE PIECE展に行くまで
*入場と混み具合のおはなし
*内容のおはなし
*巨大パネルの展示と描き込みのおはなし
*チョッパーのおはなし
*生原稿のおはなし
*単行本の表紙のおはなし
*カラー原画のおはなし
*お客さんについてのおはなし
*ビブルカードのおはなし
*おまけばなし
*よるごはんのおはなし
*帰り道のおはなし

*わたしとONE PIECEのおはなし
私は漫画も読めば好きですしアニメも見れば好きなはずだけれど
最近は何故か漫画にもアニメにもほぼ無縁になってしまって、
不思議な事に親も絵のお仕事してるけれどそんな感じで
我が家には1巻から最新号まで集めている漫画がひとつもなく
何故だか漫画やアニメに疎い家庭なのです´`

だからONE PIECEは
唯一しっかり読んでる漫画のひとつといっても過言ではなくて、
といってもそれも高校1年生の終わり頃から
彼君に1巻から借りてやっと最新刊まで読破できました><
今思えばお家遠いのに大きな紙袋に入れて毎回持ってきてくれて、
ワンピってなかなか自分からじゃ追いつけないので
すごくありがたかったですはーと

そしてその時に思い出したのは、
私小学生くらいの時に一度ONE PIECE大好きだった時期があったんですびっくり
お台場でゴーイングメリー号に乗ったりワンピのウノやノート買ったり、
その頃は漫画をアラバスタ編くらいまでと
アニメを少し見ていたくらいだったけれど
ワンピの絵描いたりもしていたし
幼なじみちゃんとワンピのゲームでかなり盛り上がったりしていた時があって。
でもそんな記憶は自然と薄れていっていました。

だから彼君に借りて読んでいたときは
なんだか懐かしさもありましたきらーん

そんなわけで実はONE PIECEに目を向けるのは2回目なのですが、
昔と違って今はコマ割りの上手さやテンポの良さ、
動きのあるポージングや構図にも関心しちゃいますてれる

*ONE PIECE展に行くまで
最初ONE PIECE展を知った時は
本当かどうかは分からないけれど
尾田先生が展示会したい!って言ったのではなくて
周りから上がった企画で、
先生自身は原稿の方を優先したくて
展示とかはあまり考えていなかったっていう話を聞いていたので、
気になっていたけれど行かないかもしれないなぁなんて思っていたんです。

でもうさこちゃんが行った感想を教えてくれまして、
すごく良かったらしくて…!←
私はともかく彼君ってONE PIECEのお話してる時すごく楽しそうなんです。
尾田先生ってすごく生き生きとした動物と物語性のある絵を描くけれど、
彼君から今年頂いた手書きの年賀状、
龍と男の子の描いてあったのですがすごくその要素満載で、
ワンピースほんとに好きなんだろうなぁーっていうのを思い出したり
そういう思う瞬間が沢山あって、
これは生で原画を観てほしいななんて思って行く事に致しましたにっこり
ちなみに年賀状毎年可愛くて気に入っています、
本当皆さんにも紹介したいくらいですっ><

*入場と混み具合のおはなし
チケットの予約はセブンでするのですが
火曜日の午後6時~7時45分に入場する回を買いました*

学校が終わってからある駅で待ち合わせをして
一緒に六本木行って、
会場へ着いたのは7時頃でしたおはな

もう残り1週間を切っていた時期だったので
混んでいる覚悟で行きましたが
ゴッホ展くらいの混み具合で、入場にすごく待つって事はありませんでしたチューリップ

*内容のおはなし
今回は記事の長さ削減の為内容の方はさらさらっと紹介致しますが、
大人も子供も楽しめるってあったけれど、
まさにその通りだなぁという感じのラインナップでしたきらきら
ONE PIECEはアニメ化されているので
普段から動くルフィたちは観ているけれど、
この展示で上映されていた映像は
尾田先生が描いた原画そのものが動いていて、
アニメとはまた違った印象を受けました。

*巨大パネルの展示と描き込みのおはなし
そして漫画のコマを大きなパネルに拡大して展示してあった所では
1m以上あるパネルになっても
背景や周りの人々まで細かく描かれているおかげで
全然不自然じゃなくて絵として観れる画面で、
改めて描き込みの細かさを実感しました><

彼君が「ワンピースは描き込みすぎてみづらいって言われてるけど、
アシスタントさんが頑張りすぎちゃうんだろうね」なんて教えてくれましたが、
キャラは主に尾田先生が描いて、背景はアシさんが描く事が多いそうです。
彼君も私もそんな背景の細かい書き込みも好きなんですけどねっ*

*チョッパーのおはなし
他にも色んな演出があって一種のテーマパークみたいな感じで、
撤退しちゃうのがもったいないなと思うくらいでした。
あと思ったのが等身大のチョッパーの頭が思ったより大きかったです!←
最近チョッパーもどんどん可愛くなっているなぁと思うのですが、
当初尾田先生は
マスコットキャラ的なものは描きたくない!と言っていたそうですびっくり
愛着が沸いちゃったんだろうねぇなんて彼君が教えてくれました。
度々色んな事を教えてくれたので勉強になりましたっ´`

*生原稿のおはなし
そして一番印象的だったのはやはり原画ですはーと
生原稿は多分B4サイズくらいなのですが、
それでも背景は小さく描かれたキャラ等はものすごく細かくて、
こんなに細い線で細かく描いてるんだ…!ってとても驚きましたっ
もう奇麗過ぎてこれが手書きだって事に現実味がなく思えてしまうくらい、
それくらい繊細で奇麗でした。

ホワイトとか沢山使ってたら手書き感があるのですが
それも全然使っていなくて。
彼君が教えてくれたけれど黒ベタの所には×の印があって、
その後が良く見ると黒く塗りつぶされた下にあったり、
顔がアップのコマだと念入りに下書きがしてある後があったり、
そんなところを見てああ生原稿なんだ…って実感していましたはんなり

*単行本の表紙のおはなし
あとはこれまでの単行本の表紙が表になっていたのですが、
彼君が「最初の方は手とかデフォルメされてるけど、
最近では骨格も意識して描く様になってるよねー」なんて教えてくれて、
ワンピは最初から絵が上手いイメージだったけれど
そういわれてみると最初と今とでは手や足の描き方とか全然違うし、
上達してるなぁっていうのがすごく分かりましたっ。
他にもアラバスタ編のクロコダイル側とルフィ側で対になっている表紙以外は
全てにルフィが登場してるって教えてくれましたリボン

*カラー原画のおはなし
そしてカラーの方ですが、カラーイラストは
実は家に貰い物の画集がふたつありまして、
そちらを念入りに見ていたので知っているイラストもいくつかありました*

*桃の宝石箱*

ちなみにこちらは画集の4と5ですが、
1~3は高校の図書館にも置いてあって
たまに彼君と覗いてました、懐かしいです><

原画って印刷との印象が比べ物にならないくらいまるで違って、
発色がとにかく鮮やかで奇麗なんです。
得にオレンジと青の発色がものすごく奇麗でしたてれる
あんなに細かく奇麗に描いて鮮やかな色で塗っていても
縮小されて印刷では色が出ないなんてもったいないです><
そうと分かっていても妥協しない尾田先生かっこよすぎます…!
今時アナログでカラーを描いている方って少ないけれど、
これはやっぱりアナログにしかない良さだなっていうのをすごく感じました。

ちなみに色は全部コピックで塗っていましたびっくり
もう作業机には全種類のコピックが置いてあって、凄まじい数でした。
尾田先生は
「本当は独特の味が出る水彩で塗りたい。
でも色を作る時間がないから、そこをコピックは救ってくれる。」
みたいな事をメイキング映像でお話していました。
「子供は沢山の色があった方が喜ぶんです。
だからできるだけ沢山の色を使う。」
とも言っていて、ああなるほどなって、
私もカラフルな絵が描きたくなっちゃいましたおはな
あと印象的だったのは、
「漫画は暇つぶしなんです、だから漫画を読んでいる時は、
楽しい気持ちにさせなきゃいけない。」みたいな事もおっしゃっていました。

カラーを観ている時も
「このゾロの傷はジャンプ掲載時は逆についちゃってたんだけど、
直してあるね!」なんて彼君が解説してくれたりして
確かに良く見ると直した跡があるようなないような、
にしても修正上手過ぎて驚きでした><
あとは一枚だけ主線がピンクで描いてあるイラストがあって、
主線の色が違うとこんなにも印象が違うんだー!って
二人で驚いてました。

*お客さんについてのおはなし
ONE PIECE展に来ていたお客さんは
遅い時間っていうのもあったけれどほとんどが
大学生か少し上くらいの人達で、
女性のお友達同士だったりカップルさんだったりが多かった気がしますリボン
原画を前に「欲しいー!」って言っている方が沢山いて、
なんだか普通の展覧会とは
少し違ったお客さんが来ている感じで新鮮でしたびっくり

今ちょうどお外の小学生が「ワンピース展いったじゃん?」って
友達とお話していて、
やっぱり近所の子も結構行ってるんだなぁなんて思いました´`
なんせ終了1週間前で
来場者数が40万人を突破したそうですからすごいですよねびっくり
アイスランドの人口は30万人ちょっとなので、
全国民が行ってるってくらいです。…中途半端な例え!

*おまけばなし
そしてグッズはこの様な用紙が配られて、
チェックを付けてレジで購入する形だったのですが
個人的にはこの流れで
大きなワンピースショップ作ってほしかったなぁなんて思っちゃいましたっ><
あとついでに言うと
ネームとか初期設定のノートの中とかこそ
見たいよねってお話していました´`
そうそう作業机の再現のところに設定ノートが置いてあったのですが、
まだ出てきてなくて今後登場するであろう島の名前らしきものが書かれた
ノートが置いてありましたよ…!びっくり

*ビブルカードのおはなし
結局2時間以上見て回っていたので
お腹の減り具合が限界で、最後は急ぎ足に会場を後にしました←
最後出る時にビブルカードがもらえるのですが、
開けてみたところふたりともブルックでした…!

*桃の宝石箱*

ブルック可愛くて好きですしお揃い嬉しいですっ!><
これはもしやみんなブルックなんじゃないの…!なんて話していましたが、←
種類は麦わらの一味の数の9種類ですはーと
ちなみに裏にシリアルIDが書いてあって、
「10,000 PIECE」 PROJECT 』という
みんなで10000ピースのパズルを
完成させるというプロジェクトに参加する事ができますはーと
最初の方にもONE PIECE展の公式サイトのリンクを張りましたが、
このページすごく面白くて
ユーザー登録すると手配書作れたり自分の懸賞金上げたりできるんです…!
ワンピース検定等のムービーも良くできていて面白くて、
しばらく遊んじゃいましたっ><

*よるごはんのおはなし
そして写真に写り込んでいるつけめん大の件なのですが、
ヒルズを出た時には10時近くてとにかくお腹が空いてしまって、
駅までのルートで偶然発見したTETSUというラーメン屋さんで
夜ご飯を食べたのですが、
並と大盛りと得盛りのお値段が同じだったので
つい大盛りを頼んでしまいました←
ちなみに彼君は得盛りでした´`

*桃の宝石箱*

このラーメンめっちゃ美味しかったです…!
彼君とラーメン食べるのなんだかんだで4回目です。
最初は恐竜博行った時に上野で、
二回目は私の地元の自慢のラーメン、三回目は彼君の地元でした*
こうやって並べるとラーメンばかり食べてる人達みたいですが
多分ポポラマーマとサイゼリアの方が行っていますあれ

*帰り道のおはなし
ちなみに夕食の後は帰りの電車でお腹が痛くなり、←
最初から彼君はお家まで着いてきてくれるつもりだったそうなのですが
励まされつつ帰宅致しましたやっちゃった
夜の10時に大盛りラーメンに大量のお酢を入れて
猛スピードで食べたらそれは痛くなりますよね超恥ずかしいです…!orz
お腹空いてたんです…。

結局家に着いたのは11時半くらいで
お母さんがちょうどパンを作っていたので
それをお土産に持って帰ってもらって、ばいばいしました´`

次の日も学校ですし終電の心配もあったのに
大丈夫よーって言いながらお家まで着いてきてくれて
本当にありがとうございました…っ

この日は少し雨が降っていたのですが
私が折傘をさす前に傘に入れてくれたり、
会場では私が外側になると
自分と交代して絵に近い方に移動させてくれたり、
あんまり細かく書くと恥ずかしくて全員公開にできなくなっちゃうので
少しにしておくけれど
たくさんきゅんきゅんさせてくれましたありがとうございましたっっ

* * *

そんなわけで色々あった火曜日でしたが
更にONE PIECEが好きになり、
彼君との思い出も増え、
絵を描く者としても沢山学ぶ事ができたすてきな日になりましたリボン
ビブルカード大事にしますっ><


ではでは長くなってすみませんでしたっ!
もし読破して下さった方いらっしゃいましたら本当にお疲れさまです、
ありがとうございます…!はーと

明日は管弦楽の初合奏ということですごくどきどきしております、
月曜日からまた一週間頑張りましょう*

momochyでしたっ!きらきら