こんにちは!はーとふきだし
朝早くには雨が降っていましたが今はおひさまがにこにこですリボン

予備校レポートの3日目と4日目です。
あと3回続きます長くてごめんなさいっっ

sato さんがおっしゃってくれて気付いたのですが
美術やってる人じゃないと分からない単語使っちゃってたかもです、
分かりにくくなってましたすみませんぐるぐる
今後は用語の説明も少しずつ交えながらのレポにしたいと思います*
それでも分かりにくい所が多々あると思いますので
もしよければ何でも質問してやって下さいーっ!

まず基礎知識として
美術にはデザイン系とファイン系に分かれるのですが、
ファイン系というのは油絵とか日本画ですオホシ
momochyやいつめんさんはデザイン系を目指していて、
彼君は油絵を専攻していますオホシ

私の行った予備校では武蔵野美術大学と
多摩美術大学のデザイン科を意識した課題が出ました。
ちなみにムサビのデザイン科は「視覚伝達デザイン学科」、
タマビのデザイン科は「グラフィック科」と
学校によって少しずつ名前が違います*


まずこれさえ分かってればあと大丈夫かなってことで、
デッサンや平面構成の簡単な流れを紹介しますはーと

まずパネルというのはこちらですリボン

*桃の宝石箱*

ただの木の板でございますびっくり
色んなサイズがあるのですが
今回は全てこのB3サイズを使用しました。

絵の具の場合では紙にそのまま描いちゃうと
紙がそっちゃったりよれよれになるのでパネルに貼付けて描きます。
デッサンの場合は大丈夫ですがこっちの方が描きやすいです*

*桃の宝石箱*

それが水張りといって、
一回紙を水で濡らして伸ばしてから
乾かないうちにパネルにはっつけますすもも
これが慣れるまでは結構難しくて端っこがぱこぱこしちゃったりします。

*桃の宝石箱*

その水張りに使うのが
水を塗る用のハケ水張りテープです。
テープは切手みたいに水を付けると粘着質になります。
黒や白、緑などいろんな色が売っています*

ここまでが下準備で、
次に課題が出されたら直接紙に描き始めちゃうのではなく、

*桃の宝石箱*

このエスキース帳(クロッキー帳)に
どのような構図にするか、
画面にどのくらいの大きさでいれるかを
実際に描いてみて考えていきます。

*桃の宝石箱*

こんな様な走り書きをいろんなポーズの手で試して、
一番しっくりきたのを採用しますはーとはーと

そしてわしゃわしゃ描いて、
完成したら最後に、

*桃の宝石箱*

せっかく描いた絵の鉛筆が落ちないように
定着スプレーを吹きかけます。
フィキサチーフ(フィキサチフ)といいます*
これ一本1000円するのですよー!←

そんな感じでデッサンが完成となりますオホシ
平面構成の場合はフィキサチーフをかけないだけで
後は全部同じですっ

わー長くなってしまいました、
手短に日記へ入ります!


おはな3日目
初めての平面構成でどきどき。
課題は『流れる、回る、響く、揺らぐの中からひとつ選んで構成』でした。
今年初めて見た蛍の光の揺らぎが頭から離れなくて
モチーフは蛍に即決定しましたぐるぐる
でもエスキースに時間がかかり過ぎて超焦りながらも3日目終了!

*桃の宝石箱*

エスキースはこんな感じでした。
平面構成の場合は特にしっかり事前に明暗も決めておきますwin

*桃の宝石箱*

この日のおやつはお母さんの手作りアイスでしたっ!
といっても冷凍パイナップルとヨーグルトをうぃーんって混ぜただけです、
でもめっちゃ美味しかったですきらきら

おはな4日目
隣の席の子が昨日の課題を家に御持ち帰りしてて
大分進んでて超焦りました><
提出は12時だったのですが、
とにかく未完成は絶対だめだと思って必死に塗りました。

*桃の宝石箱*

歴史に残る失敗作ですorz
いつもパステルカラーを使ってしまうので
ぱきぱきに挑戦したのですが
青明る過ぎるしひとつひとつが大きくて蛍に見えないしもう…
最初全部円で先生のアドバイスで曲線にしたのですが
もう1回試しに円で描いてみたいです。
あと私グラデーション手抜きすぎる…!
これはお家でリメイク作品制作決定です、改良しごたえがあります´`
蛍の柔らかい光と揺らぎを表現して
素直にきれいだなって思える作品が作りたいです。

そしてこの日はムサビの視覚伝達デザイン学科の先生が来て下さって
講演会が開かれたのですが、
もうびっくりするくらい為になるお話でした。
入試に為になるとかよりも、
人生において知ってて損はないっていうか、すごいお話でしたリボン
これを知っててこの予備校にしたわけではないので
ここにして前期をとって本当に良かったと思いましたぐるぐる
学校にもこういう方が来て講演してくれたらなって思います。

*桃の宝石箱*

課題明けは奮発おやつです、
ドルチェ食べちゃいましたーっ!キラキラきいろ

ほんと今回の作品は一番紹介するの恥ずかしいですやっちゃった
早めに次の記事書いちゃいますっ←