こーんにちはー。
家帰ってきました退院しましたmomochyです…!リボン

さんざんなめに合ってきました。レポートいきましょう。

の前に!
昨日おとといと沢山のコメントありがとうございました…!
病院のプレイルームで確認するたび感動していました。
元気と勇気、とってももらいましたはーと


*自分の記録としてありとあらゆる事を書きましたが
 とにかく長いのでとばして結構です!

 検査の結果は写真の下あたりからですびっくり


1日目、入ってすぐ健康診断みたいなのしてきました。
待ち時間の長さが異常で疲れましたですーなみだ
診察はすぐ終わってそのあと病棟入りしました。
小児病棟の6人部屋で、
ベットが赤ちゃんとお母さんが寝る用の柵付きベットだったんですけど、←
めちゃくちゃ狭かったです笑
私がベットの上に座って、
お母さんがその隣の椅子に座ったらもうあとスペースありませんでしたあれ

そこで来た医師の方に
「今日は採血と心電図とレントゲン行いますねー
 8時から点滴を初めて、
 12時からは食べるのと飲むのは控えていただいて、
 エコーの検査は朝イチの9時からです。
 もう1人いるんですけど年齢順であなたの方が先だと思いますよー」
ってあたりまえのようにさらっと言われて、
採血ええええ!ってなりながらもあっという間にお時間になり
死ぬ気で採血してきました←
肘あたりからゴムでぎううううって縛るんですけど
そっからもう気持ち悪くてorz
実際長かったと思うけど、本当に本当に長く感じました。
ここで一気に元気だったはずの心がしなしなでしたはーと

そのあと心電図して、レントゲン待ち時間の時
先に診察していた同い年くらいの男の子のお母さんと
ベンチでお隣になりました。
この親子には採血の前にプレイルームで見かけていたのですが
お母さんの方から話しかけてくれて、
「検査入院ですかー?」って。
それで少し話しをして、
あ、もしかしたらって思って
「経食道心エコーですか?』って聞いてみたら
「そうなんですよー」って。
もう1人ってこの子なんだーって思いました。
そこでレントゲン終わった男の子が来て、
それから退院まで会わなかったんですけど
同じ状況の子がいるって何か心強く感じました。

私だけじゃないんだって。
あの子だって同じように不安だろうし、怖いだろうし、
頑張ってるんだなーって。
話しなかったから私の想像なんですけど笑

ちょっとここで元気取り戻しました。
この年になるまで心房中核欠損が
発覚しないケースも珍しいと思っていたし、
入院だって延びて延びて今日になったわけだし、
ここで同じ状況の人に会うってすごい確率だななんて思ったり。
結局あの子は結果どうだったのかなーなんて気になります。
カテーテルできるといいな。

給食気分でちょっと期待していたお昼ご飯は
まさに病院食な感じでした笑
私病人じゃないんだけどなぁとか思いつつ。
白米、白身魚の煮物、漬け物、お麩とネギオンリーのお味噌汁、
春雨とたらこと何かの和え物、暖かいほうじ茶でした。
もうお盆と容器からして元気なくなる感じですあうー
もっとこうなんかできないのかなー←

なんかいろいろとしょんぼりだったので、
昨日も書いたけど
お母さんがタリーズでシュークリーム買ってきてくれて、
あとクッキーと甘栗剥いちゃいました食べました。←
もうやけ食いです。
でもすごい元気でました美味しいもの素晴らしいです!

点滴体験談!←
人生初の点滴でした。
飲み食い出来なくなるから栄養補充の為らしいです。
点滴は刺す瞬間が痛いですぐるぐる
装着して、そこの管と液の管をつなげるんですけど
あの代表的な液とがらがらあるじゃないですか、
それがくるまで手に第一段階だけを装着しっぱなしで待つんです。
…伝わっている気がしない…!
気持ち悪いだろうので
伝わるか伝わらないかくらいがベストですはんなり

点滴中も違和感というか痛みというかあるんですけど、
最初はとにかくもう点滴という事実が気持ち悪くて怖くて
落ち着かなくて大変でしたひー
胃がよじれまくりです。

ちなみに次の日の退院間近まで点滴していたんですけど
一晩越した頃には大分慣れていて、
最初は指を動かすのもままならなかったのに
大分不自由なく過ごせました。
入院前は点滴するなんて思ってもみなかったし
点滴なんてしたら私倒れる自信あったんですけど、←
案外慣れちゃうもんなんだなぁなんてしみじみでした。
成長を遂げました。

でももうやりたくない。←

夜8時までお母さんが付き添ってくれて、
今日も朝早く8時から来てくれて、
もう本当に心強いし助かりました。
ほんっとにありがとうお母さん…!

点滴装着完了してからお母さんとばいばいして、
消灯時間は9時でした。早い!
本当はぶらぶら携帯チェックに行きたかったんですけど
点滴のショックが大きくてそれどころじゃなくて
ぐったりでしたorz

9時消灯だけど結局12時頃までTV見てる子とかいて、
6人部屋なので姿は見えなくても声と光は共有なんですね、
だからイヤホン付けてるとはいえ明るいのなんの!←
ひとりぼっちじゃなかったから
怖くなかったのはすごく良かったんですけど、
夜中誰かが看護士さん呼ぶと部屋中ぴーぴーだし、
看護士さんが来て何かすると電気ぴっかぴかだし、
赤ちゃんは夜泣きだし、もう寝れたもんじゃないですでしたあちゃー

だからって誰が悪いとかそんな事全くないけど
これは何週間もいたらもたないぞと。
でも寝ました。意外と寝ました。←

朝は6時半放送でした。
体温計ったら34.9でした、初の34度代!まっくろくろすけ
その後あわてて起きて計り直して、35.0でした←

朝は大分点滴に慣れていたので
携帯チェックするのにぶらぶらプレイルーム行ったりしました。
夜中から飲まず食わずだったけど点滴のおかげなのか、
全然喉乾いていないしお腹も空いていませんでしたリボン

最後!経食道心エコー体験談!
点滴のがらがらを外して、
最初に装着した管の方のみで向かいました。
まだ刺さってます管。
流れは、喉の麻酔して→睡眠薬打つ→
寝ている間に検査→起きるお薬で起きる→
部屋へ戻って回復を待つ こんな感じです。

でも実際は喉の麻酔しか覚えていませんびっくり
喉にしゅしゅって吹きかけるタイプで、
3回しゅっしゅするんですけど
それがもう本当に痛くて痛くて…!
首どころか食道と気管オンリーを締め付けられてるような、
暑くて痛くてじんじんで苦しくて
なんのこっちゃーでした。←

その後横になって、
麻酔の注射が怖くて心配していたんですけど
点滴の管から入れてくれたので助かりました。
痛みも何も感じませんでしたまっくろくろすけ
だんだん眠くなってくるからねーって言われて、
うわどうしよう!って思って、

気付いたら部屋のベットの上でした。1時半でした。わああ

うとうとも何もなかったです。
気付いたら部屋で寝ておりました。
検査終わった後起きるお薬で起きて、
お部屋まで自分の足で歩いてきて寝たらしいんですけど
それも覚えていないんです。不思議!

お母さん曰く、
えへへーって笑いながら戻ってきて
ちょっと会話して寝たそうなんですけど、
全く覚えていないのです。えへへーて。ちょっとえへへーて。
まあいつもそんな感じなので
何となく自分でも想像つくんですけど。←

きっと酔ったりとかしたらこんな感じなんだろうなって思いました。
怖いです絶対お酒飲まないです。

だから肝心の検査は喉の麻酔が悲劇的だっただけで
後はへっちゃらでした*

今なんとなく少し喉が痛いです。
親指程の管を突っ込んだからそりゃ痛いでしょうに…!
ほんと眠らせてもらえて良かったです。

2時くらいにお昼ご飯頂いて、
量ちょっと減らしてあったと思うんですけど
白米と、鮭とマカロニとピーマンの煮物と、
あと大学芋だったんです…!きらきら
すっごい美味しかったですすっごい好きです病院食!←

普通なら喉の麻酔のせいで食べられなかったり
お水の試しのみの地点でむせたりするそうなんですけど
がっつり寝たせいか完全復活でしたはーと

美味しくお昼頂いた後
点滴のがらがらと管取ってもらいました。
装着してるのに慣れたら今度は取るのがめっちゃ怖かったです。

*桃の宝石箱*

でも小児科の看護士さんの方々みんな笑顔がすてきで優しくて、
こんな可愛い絆創膏付けて下さいましたはーとはーと

その後退院して病棟でて、
検査結果を先生に聞きにいきました。

ここからが大事ですね。
みなさんに一番伝えなきゃなところです。

心臓に空いた穴は大きく、ど真ん中じゃなくて弁に近いそうです。
カテーテル治療はやってみないとわからないって言われました。

やってみて、駄目なら手術。そんな感じです。

てっきり「カテーテルで治りますよー!」って言われるか
「手術じゃないと無理ですねー」って
言われるかのどちらかだと思っていたので
「どうします?」って言われてびっくりしました。
まさかの選択肢があるパターン。

来年の夏休み、1週間入院してカテーテル治療受けます。

やってみてだめだったら手術だけど、
とりあえず今はそんな先の先の事は考えないようにしますまっくろくろすけ

正直安心出来ない結果だし怖いし不安だけど、
手術ですって断言されるのに比べれば何倍も良かったと思います*


とにかく一件落着ですおんぷ
ひとつ成長しました。
沢山の方が心配してくださって、応援してくださって、
本当に本当にmomochyは幸せものです。

コメントくださった皆さん、
メールくださったA君、らっきょ、ゆかチャン、
そしてツイッターのみんなありがとうオホシ
お父さんお母さん、おばあちゃんもありがとう*
病院の先生方、優しい看護士さんの方々もありがとうございました。
ひとりじゃないんだってすごく実感しました。
あとそうだ、らっきょー本ありがとう!
気が気じゃなくて全然進まなかったけど
あるってだけでなんかお守り効果でした笑
家でゆっくり読みます。


心配かけて、お騒がせしてすみませんでした。
すっごい疲れたけど、私は大丈夫ですおはな
明日からはいつも通りのmomochyで
元気にやっていきたいと思いますはーとまーく

さてさて!
今日は早く寝ます*
嬉しかったり怖かったり、忙しい2日間でしたぐるぐる