こんにちは!
momochyです❁

02

今日は尊敬している方の個展へ伺いました+。 

熊谷隼人 個展 「この星のもとに」 
吉祥寺 gallery CLOSET


熊谷さんとは大学4年生の初めに
就職イベントで出会いました。

企業さんに向けて
自己プレゼンをするイベントだったのですが、
プレゼンの資料を見ていただいたり
メンターをしてくださったのが熊谷さんでした。

そのあともご縁で
同じ会社の面接を受けさせていただいたり
昨年の私の個展にも来てくださったりと
何度かお会いする機会があったのですが、
今回やっと初めて、
生で作品を拝見することができました…! 

03

こちらは個展のプロローグ。

06

プロローグにも記してある、
今回の展示の作品が生まれる
きっかけとなった1枚の写真です。

鹿に見える木が深い緑の中に佇んでいる様子は
まるで絵の世界にも見えてきます。

04

そして作品たち。
こちらのギャラリーは裏路地を入ったところの
小さな一軒家の2階なのですが、
古い木が使われて歩くたびに音のする床や、
天井に見え隠れるす木材、
静かな空間がこの個展にぴったりでした。

05

熊谷さんの作品は動物や植物が多く、
細かい筆跡とセピア調な色味、
繊細な模様がとても素敵でした。
あと動物たちの目が凛としてて印象的だったなあ

01

これまでに書き留めていた「ことば」たちの
展示もありました。
ひとつひとつが心に響くものばかりで
長い歳月をかけて
大切にしてきたであろう言葉たちを
こう一気に拝見できたのは感動でした。

07

とても力強いことば。


最終日ということで
ご本人からも沢山お話を伺えたのですが、
繊細な物事の捉え方や、
経験したことを自分の中で咀嚼して
言葉で伝える力が本当に素晴らしい方で、
お話を伺っているとひとつの物語の中身を
見させていただいているような気持ちになって
私はずっと頷いていました…っ

これまでにいろんな人やものとの
不思議な繋がりがあったそうで、
そのひとつひとつを大切にされていて、
ものづくりや活動にもそれがすごく現れていて。
頭でも沢山考えるけれど
根本にはいつもその研ぎ澄まされた
直感みたいなのがいるんだなあと思いました。

不思議な出会いといえば
私と熊谷さんも「就活」という場で
プレゼンに夜な夜なフィードバッグを
していただくようなところから始まったのに、
こんな繋がりになるなんて
就活の頃の私は思ってもみなかったと思います。

美術大学からIT企業という
全然違うフィールドで働いて、
それからフリーランスになって、
自然をテーマにした作品を多く手がけて…と、
今の活動の形は違えど
通ってきた道がすごく近くて、
それもまたすごく不思議に思うし、
いつまでも憧れの方です。


ちなみに今日は私が伺う少し前に
その就活イベントに誘ってくれた
高校の友達も来ていたそうで、
いろんな偶然があるなあと思いました…!


お話いただいたものづくりに対する姿勢も
本当に素敵だったのですが、
今日は長くなってしまうので
ものづくりについて
今の私が考えることはまたの機会に
まとめてみたいと思います❁

とにかく今日は感動できて
自分も頑張ろうと思えた素敵な日でした+。 



以上になります!

本日も遅くなってしまったので
コメントへのお返事は
明日にじっくりさせていただきますっ!><

読んでくださりありがとうございました+。
momochyでした♩